如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【SONAR】CALで自動的にMIDIチャンネルを連番で付番する

ばんわんこ♪

とてもとてもご無沙汰です。如月雨紅です。
一応、SONARとかもいじってたんですよ。
でもなかなかまとまった作品をあげられない今日この頃。
なんか忙しい、とか思いつつ、AGE of EMPIRE (1のGold Edition)を
久しぶりにやったら面白い、とか、近況です。

SONARといえば、CakewalkがRolandからGibsonへ売却されることになり
国内ではTASCAMブランドとして扱われることになるようです。
色々不安も大きいですが、SONAR X3のプラグインは
豪華になったので、ちょっと悩みどころ。

今だX1なので、SONARのバージョンアップよりもPC買い替えが
本気で優先度高いんです。


ということで本題。
Active SONARという、SONARを使っている人にはもはや説明不要のサイトがございます。
そちらのQAで、自動的にMIDIチャンネルを連番で付番したい(付け直したい)、
ということがありました。

そんなわけで作っちゃいました。
指定した範囲のトラックの順に、指定した開始チャンネルから順番にチャンネル番号を
つけていきます。
詳しくは下記参照(calファイル内に書いた説明文です)。

------------------------------------------------------------------------------------

指定されたMIDIトラックの範囲で順番に番号をつけます

例)5トラック目~12トラック目までの範囲のMIDIトラックのMIDIチャンネルを
    ch.6から付番する場合
      変更範囲:開始MIDIトラック番号(1-256):5
      変更範囲:終了MIDIトラック番号(1-256):12
      開始MIDIチャンネル番号(1-16):6
    と入力します。


途中にオーディオトラックがある場合は処理を飛ばします
但しカウントはされてしまうので、そのトラック分のMIDIチャンネルは飛ばされてしまいます。
オーディオトラックが途中にあっても、落ちることはないです。

途中で16ch以上になってしまう場合は、以降指定範囲内の全てのトラックが
16chになります(ループしません)。
ループにさせたい(16ch→1chに戻る、にしたい)場合は、
ソース内の指定箇所(コメントで指定)を変更してください


------------------------------------------------------------------------------------

↓(これ)がそのCALになります。
Z_TrackChannelSet.txt

FC2ブログの仕様上、calという拡張子はアップできないので、
テキストファイルでアップしてあります。
右クリックでダウンロード後、拡張子を.calに書き換えて使用してください。

SONAR X1でのCALの初期格納先は、以下のフォルダになります。
   C:\Cakewalk Content\SONAR X1 Producer\CAL Scripts

ま、よかったらお使い下さい。
別に手動でいいや、って個人的には思っていたんですが、
作ってみると結構便利かも。


しかし、公式からDLしてきたマニュアル(ヘルプ)が間違えていて、
「TrackChanという命令はありません」って何度も怒られて、「何故だぁぁ!」って
思って、TrackChan使っていそうなサンプルCALを見たら
「TrackChannel」が正しい命令でやんの。
たったこれだけのことを判明させるのに、結構時間を食ってしまった。

やっぱ、マニュアルの正確性は大事だね。とくに開発用のリファレンスは。




スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:2 | トラックバック:0 |

DTMをはじめるなら


gdgd妖精sが終わってしまい、ちょっとぽ~っとしていますが
今日はB-Tのライブなので、それを見るので
終わった後のテンションがどうなっちゃうのか。
なんかブッ壊れそうな予感しかしない、如月雨紅です。

(前フリなげぇ・・・)


なんか、twitterでこういうタグ
(#DTMをはじめるときに最初に買うべき機材って何)
が出回っていて、ネタレスやマジレス、入り乱れておりますが。

ちょっと真面目に、DTMをはじめるなら、ってお話をしてみようかな、
って思います。




じゃぁ、「DTM」ってそもそも何だろう。
Desk Top Music => 卓上音楽

卓上音楽、なんじゃそりゃ。
ですよねー。

実質的な意味合いとしてのDTMとは
コンピュータ(PC)をメインに使った(PCで完結させた)音楽のことを言う
場合が多いです。
宅録とも混同されがちですが、宅録は必ずしもPCを使うわけではないので
違いますね。
また、DTMのスタジオ録音だってあるので、宅録、という切り分けとは
視点が違うのですね。
DJプレイのようなものについては微妙です。
広義ではDTMと言えると思いますが、狭義ではDTMではないでしょう。
あれDesk TopではなくてTable Topだし。


とりあえず、DTM=PCで作る音楽、と認識してください。

そんな中、何が必要か?
「やる気」とか「金」とか言っちゃ、身も蓋もありませんね。

じゃぁ、優先的に用意すべき機材を、順に理由をつけて
紹介していきましょう。

  ※主にWindows機でのDTMについて述べていきます。


1.パソコン(PC)

  これが無くちゃ始まりません。PCでやる音楽なのに、PC無くちゃ
 できません。
  具体的には、その時購入できる、ミドルスペック以上のものを
 用意するのが良いでしょう。出来得れば、最高のスペックのものを。
 但し、技術的に最新のもの(OSやディスクなど)を用意する必要はありません。
 それより、多少枯れた技術のものでスペックが高いものの方が
 安定するでしょう。
  今だとCPUは、最低Core i5、本当ならi7欲しいですね。
 メモリもたくさん積めるといいです。
 SSDは理論上ハイスピードですが、個人的にはちょっと不安がある。
 揮発性メモリってどうなの?って話です。
 なのでもうちょっと(良い・悪い双方の)実績を見てみたいです。


2.オーディオ・インターフェース(Audio I/F)

  PCの次に重要なのはコレ。今PC音楽製作では、ソフト音源が活躍していますが
 そのソフト音源の性能を十分に引き出すには、必要不可欠です。PC内蔵の
 Audioユニットでは、発音にものすごい遅延が発生したり、ノイズが乗ったりと
 音楽的にはなかなか使用に耐えないものです。
  Audio I/Fを使うと、ノイズが発生しにくくなり、また、(設定により)遅延も
 極小になります。
  今ですと、デファクト・スタンダードとして「ASIO」(これ重要)という規格があります。
 このASIOに対応している機器を購入しなければ、
 Audio I/F購入する意味は無い
です。
  オススメは、RolandかYAMAHAのAudio I/Fです。基本的にDTMをやる為のソフトウェア
 (初心者には必要十二分すぎる)などが付いてきますし、国内メーカーで、サポートも安心、
 初心者の対応にも慣れています。
  YAMAHAは分かりませんが、Rolandでは付属のソフトウェアについての質問にも
 答えてくれます。


3.ヘッドフォン(+モニタスピーカー)

  ここからは人によって、イチオシが分かれてきます。人によってはMIDIキーボード
 だったり、デュアルディスプレイだったり、色々です。
  だが、ここでボクが圧倒的に推すのは、ヘッドフォン!安いのはダメですよ。
 リスニング用ではなくて、モニタ用のヘッドフォンを購入されるのが良いと思います。
 理由は簡単。MIDIキーボードやディスプレイ環境は、工夫次第で別の方法で回避とか
 出来ますが、出音に関しては、機材をそろえる以外に方法論がないからです。
  オーバーヘッド(頭から被るタイプ)、密閉型(音漏れ厳禁!)のものが良いです。
 用途にもよりますが、基本的にはDJ用とかは使わないほうが良いでしょう。
 (無論、クラブミュージック的なもの等をメインで制作したい場合は別ですよ)
 値段では図れませんが、15,000以上の価格帯のものを買いたいですね。
  ちなみボクはもうディスコンになったSONY MDR-Z900ってヤツを使っています。
 最近ちょっとヘタってきたかなぁって気もしますが。

  余裕があれば、モニタスピーカーも。部屋のサイズにあったものを選びましょう。
 大きすぎると、スイートスポット音量での再生とかできずに困りますよ。
  ボク、夜中が作業時間メインなのに、モニタスピーカーが若干大きめなので
 昼間しか使えないのですよ。なので、最終MIX確認くらいにしか使っていない。
 結構な宝の持ち腐れだが、もっていないわけにも行かないのです。

  ヘッドフォンもスピーカーも、キーワードは解像度!低域と高域がどれだけ出るか
 (周波数特性)など、確認してくださいね。



とりあえず、これだけ在れば、ある程度のことまで出来ちゃいます。
音源は、Audio I/Fに付属するものとフリーウェアを使って。

Win機を前提に書いてきていましたが
Macの場合はGarage BandっていうMac付属のソフトを使うのが
良いと思います。ただ、Macの場合、ソフトシンセ関係のフリーウェアが
少ないので、Win機よりも手軽には始められないかもですね。
またubuntuなども、対応ソフトの少なさから、ちょっと敷居が高いと
思います。


気が向けば(多分向かないけど)、次に持っていると良いものを
書くかもしれません。



ああ、PSYN II講座やらんとね。
最近の作品では、ちょっとしたことにツイ出てくるシンセに
なっているから、それなりに使い勝手は良いんだろうと思うんだけど。



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Soner8 徹底操作ガイド

SONAR8本は、なんかしらんけど、たくさん出ているorでる予定だったりする。
SONAR7までは「Master Of SONAR」が唯一(LE除く)と言っていいほどの本だったのに。

Sonar8 PC徹底操作ガイドTHE BEST REFERENCE BOOKS EXTREME
Sonar8 Producer/Studio for Windows PC徹底操作ガイド

(2009/01/26)
高橋 信之

商品詳細を見る


SONAR 8完全攻略ガイドSONAR 8完全攻略ガイド
(2009/01/29)
平沢 栄司

商品詳細を見る


MASTER OF SONAR 8MASTER OF SONAR 8
(2009/02/08)
藤本 健大坪 知樹

商品詳細を見る


ということなんですが、ぶっちゃけ、「徹底操作ガイド」が1番オススメです。
MASTER OF SONAR 8は発売前ですが、過去の加筆の可能性高いですので
ある程度判断できます(以下、6を参照します)。
完全攻略ガイドは店頭で見比べてきました。

徹底操作ガイドの良い点は、「HowTo形式」であるところ。
各トピックのタイトルが「~~がしたい」というものであり、その方法について
丁寧にまとめられている。
他の2冊は前から順に読んでいかなくてはダメなタイプの本ですが
この本は、欲しいところだけ読める。
(ぶっちゃけ、欲しいネタは2割くらいのもので、あとは全部
知っていることだったりもしましたが)

巻末のプラグイン一覧についても、
完全攻略ガイドについては単なる紹介だったものが
徹底操作ガイドでは簡単なTipsが付いている。
MASTER OF SONAR 6には、Sonitus Suiteや、主要エフェクトについては
記載されているが、Cakewalkシリーズのエフェクトはノータッチ。
ポイントをまとめてある、徹底操作ガイドの方が一枚上手。

本当はどれも買う気なかったんですが、
つい徹底操作ガイドを買ってしまいました。


ま、この記事については、ボクの感想なので
人によっては、他の本の方が合うかもしれません。
ので、購入の際は、出来るだけ内容を確認して、購入しましょう。
(それなりに高い買い物なので)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

mda e-piano

なんとなくねぇ、気乗りがしなくてまともに曲データの作成をしていません。
ついついVSTiをあさってしまいます。

最近のお気に入りは、E-Piano。
mdae pianoのはまっています。
4-FrontのE-Piano2種類や、DSKのものも悪くないんですが。
最近はmdaのe pianoのプリセット3:Autopan、4:Tremoloの音色が、とてもはまりんこです。
ついつい、徒然弾きをしてしまいます。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チップチューン

私、結構古くからコンピュータミュージックをやっているんで
チップチューンの音楽というのは、実は結構身近というか、
慣れ親しんでいました。

MZ-700のビープ音1音のみや、MSXのPSG3音は自分でも打ち込みましたし、
ファミコンのPSGもそうですし、PC-88系のSSG+FMは、よく聴きました。

最も打ち込んだのは、PC-98での、PSG3音+FM3音。
当時は、Music PRO 98[FM]というソフトを使用していました。分解能48のものです。
いろいろ制限の多い中やっていた音楽って、今考えると、非常に充実していた気がします。

で、そんな古きよき時代を思い出し。
ファミコンのようなPSG音を出す、「チップチューン御用達フリーVST」をご紹介です。


1.Magical 8bit Plug  -- YMCK純正プラグイン

   ダウンロードはYMCK Official Web Siteで、左側メニューのdownloadより
   ダウンロードページへ進んで下さい。

magical8bit.jpg

定番と言えるでしょう。
ファミコンのPSGエミュレートの割りに音が太いです。
元々のファミコンPSGにはない、Pulse系のOSCが搭載されています。


2.ProtoPSG psg-005

   ダウンロードはg200kg Music & Softwareで、左側メニューのdownloadより
   ダウンロードページへ進んで下さい。

ProtoPSG.jpg

私のイチオシ。
Magical 8bit Plugよりも音が細く、チープ感があります。
これまた元祖にはない、2OSC構成となっております。
また、Magical 8bit Plugに比べ、細かいEditが可能です。
ルックスもやる気(というかノスタルジー)を引き起こします。


3.ファミシンセII(FAMISYNTH-II) ver.2.5 - 8BIT CHIP SOUND GENERATOR -

   ダウンロードはmu-stationで、下部メニューのVST LABOより
   ダウンロードページへ進んで下さい。

Fami_Synth.jpg

先の2つと比べると、再現度は低いながらも、
独自のチップチューン音源と考えれば、なかなかに秀逸です。
ルックスが日本のファミコンと海外向けのNESの2パターン用意されているのもおしゃれです。
パラメータエディットも、十字キーとA・Bボタンで行えるのにも
思わずニヤっとしてしまいます。遊び心満点!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。