如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

DSK DrumZ Seriesについて

DSK DrumZ Seriesは、ボクもよく、mixiやmusictrackや、その他の場所でお目にかかるの
ですが、よくある質問が「音が出ない」なんです。

DSK DrumZ Seriesは、アウトプットのアサインのデフォルトがちょっと変わっていて
1~8のマルチアウト仕様になっています。

Midiノートにもアサインされていて、【MachineZ】は順番どおりなんですが
【AcoustiK】、【BeatVoiZe】については、パッドの並び順と、アウトプットのアサインと
Midiノートの順番が一致しません。(パッドの並び順と、アウトプットのアサインについては一致)

詳細は画像を参照してください。
(画面はフリーソフトの、「VSTHost」での動作です。)

【AcoustiK】
DSKDr_AK

【BeatVoiZe】
DSKDr_BV

【MachineZ】
DSKDr_MZ


ちなみに、VSTHostのように、アウトプットアサインの変更が出来ない場合は
ソフトウェア上の仮想マルチアウト機能(ハードに依存しないマルチアウト)がある
DAWであれば、その機能を使うことで、全ての音を鳴らせます。

例えば、ボクはSONAR使いなのですが、SONARの場合は、
シンセラックへの読み込み時に
「マルチアウト用ステレオオーディオトラック」を選択すれば
各音を鳴らせるようになります。

多分、仕組みさえ分かっていれば、各DAWで対応できると思います。

ちなみにボクの製作環境では、この子たちの出番はありません。
SONARはVSTプラグインの登録・削除がちょっとだけめんどくさいので、
この件については、SONARでのキャプは、要望がなければとりません。


あ、あとちなみに、
Midiノートのアサインは白鍵(C2~C3のオクターブの範囲)のみです。
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SonicCell Synthesizer Editor | HOME | Beatscape その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。