如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チップチューン

私、結構古くからコンピュータミュージックをやっているんで
チップチューンの音楽というのは、実は結構身近というか、
慣れ親しんでいました。

MZ-700のビープ音1音のみや、MSXのPSG3音は自分でも打ち込みましたし、
ファミコンのPSGもそうですし、PC-88系のSSG+FMは、よく聴きました。

最も打ち込んだのは、PC-98での、PSG3音+FM3音。
当時は、Music PRO 98[FM]というソフトを使用していました。分解能48のものです。
いろいろ制限の多い中やっていた音楽って、今考えると、非常に充実していた気がします。

で、そんな古きよき時代を思い出し。
ファミコンのようなPSG音を出す、「チップチューン御用達フリーVST」をご紹介です。


1.Magical 8bit Plug  -- YMCK純正プラグイン

   ダウンロードはYMCK Official Web Siteで、左側メニューのdownloadより
   ダウンロードページへ進んで下さい。

magical8bit.jpg

定番と言えるでしょう。
ファミコンのPSGエミュレートの割りに音が太いです。
元々のファミコンPSGにはない、Pulse系のOSCが搭載されています。


2.ProtoPSG psg-005

   ダウンロードはg200kg Music & Softwareで、左側メニューのdownloadより
   ダウンロードページへ進んで下さい。

ProtoPSG.jpg

私のイチオシ。
Magical 8bit Plugよりも音が細く、チープ感があります。
これまた元祖にはない、2OSC構成となっております。
また、Magical 8bit Plugに比べ、細かいEditが可能です。
ルックスもやる気(というかノスタルジー)を引き起こします。


3.ファミシンセII(FAMISYNTH-II) ver.2.5 - 8BIT CHIP SOUND GENERATOR -

   ダウンロードはmu-stationで、下部メニューのVST LABOより
   ダウンロードページへ進んで下さい。

Fami_Synth.jpg

先の2つと比べると、再現度は低いながらも、
独自のチップチューン音源と考えれば、なかなかに秀逸です。
ルックスが日本のファミコンと海外向けのNESの2パターン用意されているのもおしゃれです。
パラメータエディットも、十字キーとA・Bボタンで行えるのにも
思わずニヤっとしてしまいます。遊び心満点!
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<PC-9801のFM音源の謎 | HOME | Beatscape その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。