如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

それでいいのか?YAMAHA

読売新聞の記事で、YAMAHAに就職した人の
記事がありました。(5/4朝刊、3面記事です)

著作権侵害をあれだけ続けていて、
さらに、それを最終面接でアピールして
(Webサイトのキャプをコピーして面接官に配ったそうです)
やる方もやる方なら、合格させる方も合格させる方だな、と。

まぁ、ここでは、この人批判がメインではなく、
むしろYAMAHA批判です。

日本の音楽系トップ企業だろうが、あんたンとこは!!
採用担当が、その程度の倫理観や法認知度や調査力でいいのか?
そのあたりについて、最も慎重である責任のある企業でしょうが!!
情けない。

ボクにとって企業イメージ大幅ダウンですわ。

はっきり言って、まともに権利を守ろうという気が失せます。

この人が受かったおかげで、きちんと考えている人が
落ちたとしたら、悲しいですね。

この人は、音楽教室の営業活動でコンビニのチャイム音を
ポータブル楽器で鳴らしたりしているそうですが、
曲をやると、選曲によってはJASRACに踏み込まれますよ。
(当然、YAMAHAが責任を問われます)
魚屋さんの店頭Musicより、タチ悪い。
音楽を使って、音楽教室を「買わせる」訳ですから。


結局ね、YAMAHAに怒ってるんですよ。
ちゃんと教育しとけよ。そうすれば、例えば、うpされている
ヤバいVは自発的に削除するでしょうが。
とにかく、はっきり言って、まともに権利を守ろうという気が失せます。
JASRACも弱いものいじめだけでなく、こういうのを叩けよ!!

(5/5 不穏当すぎると自己判断しまして、少し修正しました)
スポンサーサイト

テーマ:著作権関係 - ジャンル:音楽

音楽の雑記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Sound Recordingのコンテスト | HOME | G.フォーレ マスクとベルガマスク 作品112より I.序曲>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。