如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【PSYN II 講座 - 第5回】 お尻痛っ?いやいや、「オシレーター」です。


そろそろ12月になりますね。
あっという間に年の瀬です。いやになっちゃいます。
あ、タイトルは気にせんで下さい。単なるおっさんギャグです。
別にボクはお尻痛くありません。肩や腰は痛いけど。

なんだかぐだぐだに始まりました、第5回 PSYN II 講座。
今回は、オシレーター(OSC)・セクションを見ていきます。
OSCセクションの説明は今回だけでは無理なので、何回か続きます。

PSYN_II_OSC_01.jpg
こんな画面ですね。
左右対称に同じ内容です。
違うところと言えば、一番上のボタンと、一番下の段の中央だけですね。

では上から見ていきましょう。

まずは一番右上。
「1/2」ボタンと「3/4」ボタンがあります。
これはOSCの設定画面を切り替えるのに使用します。
「1/2」が選択されている時は、設定画面が、左:OSC-1、右:OSC-2となり、
「3/4」が選択されている時は、設定画面が、左:OSC-3、右:OSC-4となります。

OSC-1とOSC-2、OSC-3とOSC-4はそれぞれ対になっていて、それぞれ
組み合わせ方を設定できます。(最下部の「MODE」で設定。説明は後ほど)
逆にOSC-1・2とOSC-3・4の組み合わせは、重ねるだけになります。

WAVEと書かれたところのすぐ上にボタンがあります。左右一つづつです。
これは各OSCのOn/Offボタンです。Offにすると、該当OSCはグレーアウトし、
そのOSC内の各設定は無効になります。

真ん中をすっ飛ばして、一番下。
「LEVEL」ノブで、各OSCの音量を設定します。
そしてその間にある「MODE」にて、OSC1と2、OSC3と4の
それぞれの組み合わせ方を設定します。
所謂リング・モジュレーターとかFM変調とかを指定できます。
このあたりはちょっと難しいと思うので
「MODE」については、実際に音を交えて
効果を確認して行きたいと思いますので、詳細な説明は数回後の講座にて行います。


今回はここまでです。
次回はWAVEの基本部分について解説していきます。

では、次の講座も、あまり期待せずにお待ち下さい。

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

PSYN II 講座 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【PSYN II 講座 - 第6回】 Waveは原材料です(産地は記載されていません) | HOME | 【PSYN II 講座 - 第4回】 シンセの基本を押さえておこう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。