如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【PSYN II 講座 - 第9回】 一般的なPulse Width その2

2週間のご無沙汰でした。如月雨紅です。

ちょっとダケ忙しかったので、少し間が空いてしまいました。

そんな訳で、第9回 PSYN II 講座、はっじまっるよ~♪


前回は、用語等の説明も無しに、幾つかの例を出しました。
どれも同じ様な感じだったと思います。
それを踏まえた上で、用語を説明していきます。

・Pulse Width(PW、パルスワイズ、パルス幅)とは
    Pulse波の1周期の幅のことです。ただ、Synth用語としてPWが使われる場合、
    DUTY比の折り返し点をパーセンテージ化したもののことを指す場合が多いです。


・DUTY比(デューティ比)とは
    Pulse波の1周期の中で、折り返し地点で分けて、
    左右をa:bといった比率であらわすときの、その比率のことです。

    難しく(正確に)いうと
      周期的な現象において、"ある期間" に占める
      "その期間で現象が継続される期間" の割合である。
    だそうですが、Synth的には「左右をa:b~」の理解でいいと思います。


そんな訳で、一般的なPWの状態をまとめてみたのが下の図1です。

(図1)
Pulse_1.jpg (クリックで拡大)

ここでDUTY比1:1(50%:50%)のものを特別に
「Square Wave(スクエア波・方形波)」
と呼びます。
OSCの基本のところで、ちらっとだけ言葉は出てきましたが、こういうことだったのです。



さて、実際のところ、前回のPulse波の紹介では
  Pulse 25%、Pulse 50%、Spuare(=Pulse 100%)
などと出てきていましたが、100%なんて無いよね、0%と同じだよねってことに
なっちゃうような気がしませんか?

ここが混乱しやすいPWの値の部分なのですが、Synthのパラメータとしては
基本的に、DUTY比1:1(50%:50%)の状態を100%(=Square波)として扱われています。
そして、左右をa:bといった比率であらわすときのa(左)側のパーセンテージ
設定をかえるのです。

図1を、シンセパラメータとして分かりやすく変更したのが、図2です。

(図2)
Pulse_2.jpg (クリックで拡大)

図2の左側に注目して下さい。
PW=100%というのは、DUTY比1:1のこととなり、
PW=50%というのは、DUTY比1:3のこととなり、
PW=25%というのは、DUTY比1:7のこととなります。


簡単に言うと、
Pulse波の折り返し点の左側の幅を設定するのが、
Pulse Widthパラメータ

という風に理解してもらえればいいと思います。


今回はこの辺までとします。
次回は、じゃぁPSYN IIでは全ての波形にWidthが設定できるけれど
どういう風になるのか、その予測を考えてみたいと思います。

まぁ、予測どおりに行かない、っていう振りな訳ですが・・・。


では次回も、期待せずにお待ち下さい。

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

PSYN II 講座 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<gdgd妖精sがアツい! | HOME | 【PSYN II 講座 - 第8回】 一般的なPulse Width>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。