如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

twitterの便利さと危うさ


如月雨紅です。

twitterを始めてそろそろ1カ月となりますが、色々とその特性、というか
良い点、悪い点が判ってきました。


結論から言うと、
twitterは
  ・準リアルタイム
  ・対面会話とメール・ブログの中間的
なツールであるということ。
この特性で、色々と問題が出たり、イヤな思いもされる方もいると思います。


というのも、ちょっと気になった話題があるので。

ざっくり言うと
「行けない、見れないは返信して欲しくない」
というものです。


特に、デーモン閣下のブログ(記事はこちら)などを見ますと、
理解も共感も出来るんです。
だから、そういったリプライをしないで欲しい、というのも解かるのです。


ここでtwitterというモノの特性による、悪い点が出てきます。
先ほど述べたように、twitterは感覚として、非常に「対面会話」に近い
ものがあります。

友達と数人で集まっていて、「今度ライブあるんだ、来てよ」と言われたら。
行けない場合は、やっぱり「ごめん、用事があって」などという風に返事をすると
思います。無視はしないハズ。
ちなみにボクの場合、行けなさそうな場合「行けたらね」ですね、大抵。
余程のことでなければ「行けない」とは言わないな、多分。

ちょっと脱線。
まぁ、そんな「対面会話的な感覚」で、twitterで返信を返しているのだと思います。
(メールやブログだと、わざわざ「行けない」返信をする人はぐっと減ると思うのです)


「来(見)て」と書いている方からすると、わざわざ来(見ら)れない事は
報告しなくてよろしい、となるかと思いますが、「対面会話的な感覚」なので、
ある程度は受け入れざるを得ないのではないか、と思うのです。
逆にそういった宣伝を、twitter上ですること自体、「対面会話的な感覚」(=手軽さ)を
利用している、ということではなかろうか、と思うのです。
「手軽に投げかければ、手軽に返ってくる」ものです。
ちょっと胸に手を置いて、考えてみよう。


さ、この辺りまで来ると、twitterの「準リアルタイム」というのが
本当のことではなく、むしろ「ボクの希望」であることがわかってもらえるんじゃ
ないでしょうか。

相手の発言に「ポンッ」と手軽に返信できるツールであるからこそ、
返信の前に、一回胸に手をあてて考えてみて。
ある意味では、会話よりも簡単に言えてしまうツールな訳だからこそ
返信の前に、一回胸に手をあてて考えてみて。

一回胸に手をあてて考えた上で返信、つまりは「準リアルタイム」で
行きましょう。


まぁ、相手が迷惑カモなぁ、と思いつつもメッセージや返信をせざるを
得ない場合もあるとは思いますが。



あ、良い点は、悪い点のほぼそのまま裏返しですね。
手軽でリアルタイムに近い反応が得られる。

アーティストの心情とは別に、マーケティング理論的に考えるのならば
「行けない」返信も、集客予測に(多少ではあると思いますが)
役立つのではないでしょうか。
ビジネスの非情さは、特にアーティストの方は骨身にしみているはずですね。

遠くの方とでも、近い距離感で会話できることもある、というのも
利点だと思います。有名どころでは孫さんとか。



良い点・悪い点を踏まえた上で、上手に利用していけたらいいですね。
どんなツールだって、結局は使う人の心だと思います。



あ、ちなみに今回のその
「行けない、見れないは返信して欲しくない」
の気持ちは本当に良くわかります。
ので、多分今まで(基本面倒くさがりなので)
そういう返信はしていないんじゃないかと思いますが
意識して尊重して行きたいと思います。


長文になってしまいましたが、現時点でのボクの考えです。
本当はあまり考えは出したくないんですが。
(自分の発言に、自分が必要以上に縛られるから)

あと、必ずしも思っているように行動できる訳でもないのが
人間です。
もしボクがこのように行動できていなくても、
優しく諭してくださいね。
(とりあえず、常に弱腰です)

スポンサーサイト

テーマ:Twitter - ジャンル:コンピュータ

コンピュータ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DTMをはじめるなら | HOME | 「天空の城ラピュタ」を見ました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。