如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フリーVSTi、Piano音源の巻

ついつい、曲も書かずに、フリーのVSTiを漁る日々。

という訳で(・・・何が「という訳」なのだろうか・・・)
ピアノのフリーVSTiについて、ちょっとレビュー。

4Front Piano  (4Front Technologies)
   定番ですかね。ちょっと残響音拾いすぎな気もしますが、オケへのなじみも
  よさそうですし、アップライトピアノを自分で弾いているような、そば鳴りな感じが
  逆に結構リアルです。

EVM Grand Piano  (EVM Synth)
   ちょっと細い感じしますが、まぁ、それなりなグランドピアノ。
  リバーブなどエフェクトを使えば、結構聴けるサウンドになります。
  あまりクセの無い音で、加工前提であれば使えます。

mda Piano  (mda-vst.com)
   細かなEditが可能なピアノ音源。プリセットも数種類ある。
  「Stereo Width」パラメータもあるが、初期値(というかサンプルとして)
  広がりすぎな感じがする。音色はそこそこ。

Prova  (Safwan Matni)
   Safwan Matni社(氏?)のピアノ音源その1。音色はリアル。ベロシティによる
  サンプルの変化はほとんどない。使い方によるが、伴奏ピアノ等にはよさそう。
  主張しない音色。

Jazz Baby  (Safwan Matni)
   Safwan Matni社(氏?)のピアノ音源その2。Provaより硬いが、
  チューニング的には安定しない音色。とはいえ、ホンキートンク、とまではいかない。
  ベロシティによるサンプルの変化はほとんどない。Jazz系の伴奏にはいいかも。
  但しソロ音色としては弱い。

Le Piano  (Safwan Matni)
   Safwan Matni社(氏?)のピアノ音源その3。先の2つとは毛色が違う。
  フランスの場末のバーで、シャンソン歌手の伴奏をしそうな音色。
  まぁ、そういう雰囲気が出したい場合には。
  結局は、結構音がこもっているので、使い方を選びます。

※一応、リンク貼りましたが、EVMとmdaはリンク(というかDL)死んでる可能性高いです。

また、参考として、Kuroさんのページを挙げておきます。
(サンプル音源もうpしてくれています--レビューはこちら
Kuroさんのページでは、他にもフリーのVSTiのレビューや、SONAR付属のVSTのレビューなど
興味深い内容です。
(現在は活動を小休止なさっているようですが)

Kuroさんとボクでは、同じ音源に対しても感想は結構違いますね。
こういうのって、面白いですね。
スポンサーサイト

テーマ:音楽機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<クラシックでのソロ向けのトランペット音 | HOME | バッハとコンピュータ・ミュージック>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。