如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

困ったちゃんなSONAR

以前、96KHzでの動作に問題がある、という話をちょこっと書いたと
思うんですが、昔(SONAR6PEで)作った、Miroslav Philharmonikを使った
PDのプロジェクトを読み出して再生すると、96KHz環境ではきちんと再生されるのですが、
44.1KHz環境では音とびします。

飛び方が、発音の途中で切れるのではなく、MIDIのノートオン信号を受け取っていない感じです。

SONARとMiroslav Philharmonik、どっちが悪いのか定かではありませんが、
どうも、SONARの方が怪しいですね。今までの経緯から。

MIDIデータをエクスポートして、新プロジェクトとして作成して、MIDIデータのみを読み込んでも
現象は同じですし。

96KHzで作成した資産も結構あるのですが、これらを呼び出す為に
その都度、設定を変更しなくてはならないのは正直不便です。


スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SONARの話 at 2008.06.08 | HOME | 「I'm in the mood for dancing」 進捗その5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。