如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JASRAC

ガサ入りました。
独禁法違反容疑だそうです。

Yahoo!ニュースより

公取委、JASRACに立ち入り 音楽著作権 私的独占の疑い(産経新聞)


<独禁法違反>公取委、JASRAC検査 音楽料金制度で(毎日新聞)

などなど。

これはネット上の版権物(コピー物)を正当に公開している
ユーザーにとっては結構深刻な問題です。

なぜなら、槍玉に挙げられているのが
「包括契約」だからです。
一応、「テレビやラジオなどの放送局」を対象にしているが、
ネットも含まれているか、もしくは今後問題になる可能性が
高いと思います。


もし包括契約が違法となった場合、
曲ごとに支払義務が発生する方式にならざるを得ないと思いますので
処理手続きも面倒になる上、金額もかさむことになるので
今、無償で(代行というか肩代わりして)コピー曲を合法的に
公開できるようにしているサービス
  ・ヤマハのMySound(旧プレイヤーズ王国)
  ・musictrack
  ・ニコ動
などが、閉鎖に追い込まれたり、機能としてコピー曲の
アップが停止されたりするようになる可能性が高いです。

つまり、
ボクの考えでは、極端に言えば、
版権物は素人には実質公開不可に近い状態になる、
というなんとも音楽シーンに水を差す結果になりかねない
と思います。

多分、個人非営利向けの包括契約(ストリーム配信であれば月額最大\1,000)
は残るかもしれませんが、それらの手続き(申し込みから使用曲の報告など)を
個人個人で行うのは、よほど熱心でないとしないと思います。
少なくとも、ボクは今のところしないでしょう。
ちなみにダウンロード形式だと、上限なしで、10曲ごとに月額\1,000かかるようです。

非商用配信、個人向けの包括的利用契約の使用料



でも、公取委の言い分も、それはそれで
わかるのが、困ったところ。


深刻だ。
深刻すぎて、作曲作業に関係ない記事を
書いてしまった。
スポンサーサイト

テーマ:著作権関係 - ジャンル:音楽

音楽の雑記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JASRAC その2 | HOME | アイソレーター>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。