如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

楽曲の分類 --- 伝統的な、または風俗的な分類

第四弾です。

まあ、結構明らかな分類ですね。
分類としては明らかなんだけど、楽曲の特徴としては
明らかでなかったりする物もあります。

例えば、ワルツとメヌエットの違いって、歴史的・文化的な違い以外では
ちょっと説明難しいですけど。
まあ、ワルツが比較的大曲なのに対して、メヌエットは小品ですよね。


という訳で、例のごとく、例を挙げてみます。

  ・ポロネーズ
  ・ガヴォット
  ・ハバネラ
  ・サンバ

などなど。
ある程度特徴的なリズム構成になっているのが多いのも
このパターンの特徴でしょうか。


※この記述は、如月雨紅の勝手な分析ですので、特に専門家等の裏付けがある訳ではありません。ご注意下さい。
スポンサーサイト

テーマ:音楽理論 - ジャンル:音楽

音楽の雑記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<楽曲の分類 --- 時系列的な分類 | HOME | 楽曲の分類 --- 作曲手法による分類>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。