如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BGM

BGMというもの。

映画でもTVでも、ゲームでもアニメでも、
それ以外にも、CMやアミューズメントパークなどでも
よく耳にします。

その中でも、大部分が、映像に付随するBGMだったりするんですが
実は重要だったりします。

BGMを作る際にボクは、以下のようなことを気にしています。
  1.印象・心証を表現できているか
  2.風景を表現できているか
  3.温度を表現できているか
  4.映像(等のメイン部分)の邪魔をしていないか
  5.難解すぎないか
  6.ループさせても飽きないか

まぁ、1~3は、個人的にBGMの役割、という部分ですかね。
 明るい気持ちを表す曲、ブルーを表す曲など。
 また、海や山や風などを感じたり、太陽や月、昼や夜を感じられる曲など。
 乗り物や戦闘を表す曲など。

4~6は、技術というか、心構えッスかねぇ。
ムズいっす、これは。納得いったためしがほとんどありません。


で、まぁちょっと面白い話を。
同じ「笑顔」の映像でも、BGMによって、印象がとても変わります。
  ・明るく快活な曲なら、素直にはしゃいで喜んでいる
  ・ゆったりと温かい曲なら、優しい気持ちで微笑んでいる
  ・おどろおどろしい曲ならば、笑顔の裏で悪企みをしている
  ・比較的低めの音域で、スピード感のある曲なら、フレームアウト部分で何かが起こっている
などッスかねぇ。
BGMって面白いです、すごく。



スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

音楽の雑記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<詞に曲をつけること | HOME | M1いじり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。