如月 雨紅のブログでございます。


             今までの閲覧者数 :       ( 現在の閲覧者数 :  )                           広告:無料WIKI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Beatscape その3

Beatscape、なかなか大変です。
パターン多すぎて、まだ全部チェックしきれていません。

でもって、ちょっと裏技コーナー。
まぁ、裏技でもなんでもないけど。

元々パターン数が多いこの音源、パターンの管理が適当です。
フォルダ階層のルートにすべてぶっこんであります。(図1参照)

(図1:クリックで拡大)
Beatscape_Folder_01.jpg


これを、Windowsのエクスプローラ上で、フォルダ構成をいじってあげます。
デフォルトでは、
  C:\Program Files\Cakewalk\Beatscape\Library\Beatscape Factory Content
を変更します。
今回はFunk系リズムをまとめてみました。


で、エクスプローラで変更したら、
必ず、Beatscape側の音色ライブラリのリストを更新してください。
更新は、更新ボタンをクリックします。
 (矢印が一回転しているようなマークのやつ。一覧の「library」の左側です。)
方法は違いますが、更新しなくちゃダメなのは、D-Proの時と一緒ですね。
そうすると、新しいツリー構成で音色を読み込めるようになります。(図2参照)

(図2:クリックで拡大)
Beatscape_Folder_02.jpg

更新を忘れると、読み込めないエラーが表示されますのでご注意。
あと、ツリーを開いたままF5してしまうと、ルートが表示されていない状態で更新して
しまった場合、リストに何も表示されない状態になってしまうことがあります。
これは画面リフレッシュのバグですが、一度、Beatscapeの画面を右上の×で消して、
再度、シンセラックからダブルクリックで画面を呼び出してやれば、
更新された結果として見えるようになります。
モジュールそのものをアンロードする必要はありません。


で、毎度のことながら。
C:\Program Files\Cakewalk\Beatscape\Library\fileCache.lst
が、ライブラリの一覧リストファイルとなります。
当然、テキストエディタでは、なんじゃこりゃ、です。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SONAR8 その4

そう言えば、総入れ歯。

今回、Native Instruments社のGuitar Rig 3 が付いてくるのが目玉の一つだったんですが
SONAR7で消えちゃいましたが、SONAR6までは、Alien Connections ReValverSE(DXi)
付いていたんですよねぇ。

でも、実はSONAR8でも使えるんですよ。
というかSONAR7でも使えてました。でも、SONAR6以前のSONARがないと
インストールできないから使えないけどね。


画面は↓(クリックで拡大)。
RevalverSE.jpg

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

D-Pro その1

やれやれ。
D-Proの音色を漁っていました。
結構シンセブラス音色もありましたが、点在しているので探すの大変。

ところで、こいつ。
少しバグ、というか単なるチェック漏れだろうレベルのエラーがあります。
音色ブラウザから、読み込みできない音があるのです。
1つ見つけてしまったら、さあ大変。お池には・・・・はまりませんよっ!

結局、音色プレビューは途中で、読み込みテストのみに変わってしまいました。
で、その結果、2つの音色が読み込めませんでした。
原因はプログラム(=D-Proの音色定義のこと)ファイルが、拡張子ない状態になっていたため。
多分コンバート時にバケたんでしょうけど(2バイト→4バイト、とかやっているんでしょうから)
プレス前に読み込みテストくらいしてください。

該当するものは以下の2つになります。
    06 - Percussion
        L Bat・pro
        L Bong・pro

これらは、デフォストのインストールパスでは
 C:\Program Files\Cakewalk\D-Pro\Programs\06 - Percussion
の中にあります。「・」になっているのを見ても、バケたみたいですね。
このファイルは、それぞれ「Bat・prog」「Bong・prog」となっていますので
「Bat・.prog」「Bong・.prog」と変更すればOKです。
  => 見にくいですが".prog"という拡張子にしてください。

ちなみに読み込めないのは、あくまで「拡張子がない(.progになっていない)」為であり、
バケ字そのものは問題ありません。
(だって、Win内部では16進のコードでアクセスされているはずですからねぇ)

あ、最後にひとつ重要です。

該当ファイル名を修正したら、D-Proの音色ブラウザを選択した状態で
必ず、「F5キー」を押して、音色ファイル一覧を更新してください。

D-Proは一覧表示を自動更新しません。

ちなみに、音色の一覧は、C:\Program Files\Cakewalk\D-Pro\Programs\programs.lstです。
だからどうしたって感じですが。どうせテキストエディタで編集できないし。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SonicCell Synthesizer Editor

SonicCell-Synth_001

ようやくDLできるようになりました。
DLはローランドのサポートページから。
発表は相当前だったから、待ちわびていました。

ちょっとだけ使ってみましたが。
実は画面にあるように、もともとSonicCellに入っている音色のうちのいくつかは
UserPacthとして登録されています。

たとえば、「JD-800 Piano」の音色ですが、この画面はデフォの画面ですが
これを真似して、INITデータから音色を作ると、似たような音色が作れます。
でも、今のところ、ボク完全に再現は出来ていないです。
エフェクト設定とかもあるので、そちらも踏まえた上でEditしていけば、多分
同じ音色が作れると思います。

これはまた研究材料が増えてしまった。
宿題ばかりがたまっていくなぁ。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

DSK DrumZ Seriesについて

DSK DrumZ Seriesは、ボクもよく、mixiやmusictrackや、その他の場所でお目にかかるの
ですが、よくある質問が「音が出ない」なんです。

DSK DrumZ Seriesは、アウトプットのアサインのデフォルトがちょっと変わっていて
1~8のマルチアウト仕様になっています。

Midiノートにもアサインされていて、【MachineZ】は順番どおりなんですが
【AcoustiK】、【BeatVoiZe】については、パッドの並び順と、アウトプットのアサインと
Midiノートの順番が一致しません。(パッドの並び順と、アウトプットのアサインについては一致)

詳細は画像を参照してください。
(画面はフリーソフトの、「VSTHost」での動作です。)

【AcoustiK】
DSKDr_AK

【BeatVoiZe】
DSKDr_BV

【MachineZ】
DSKDr_MZ


ちなみに、VSTHostのように、アウトプットアサインの変更が出来ない場合は
ソフトウェア上の仮想マルチアウト機能(ハードに依存しないマルチアウト)がある
DAWであれば、その機能を使うことで、全ての音を鳴らせます。

例えば、ボクはSONAR使いなのですが、SONARの場合は、
シンセラックへの読み込み時に
「マルチアウト用ステレオオーディオトラック」を選択すれば
各音を鳴らせるようになります。

多分、仕組みさえ分かっていれば、各DAWで対応できると思います。

ちなみにボクの製作環境では、この子たちの出番はありません。
SONARはVSTプラグインの登録・削除がちょっとだけめんどくさいので、
この件については、SONARでのキャプは、要望がなければとりません。


あ、あとちなみに、
Midiノートのアサインは白鍵(C2~C3のオクターブの範囲)のみです。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

VST、DX、機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。